Topics

/ Blog

続・お店づくり日記 Vol.03

Blog

続・お店づくり日記 Vol.03

 

 

FACTORY&STORE MANUALgraphとしてららぽーと沼津に出店を決めて早8か月。

あっという間にオープン1か月前を迎えました。


※これまでの経緯はこちら
続・お店づくり日記 Vol.01 Vol.02

子供のころから夏休みの宿題は一瞬早めにやって、残りの大半を8月後半まで持ち込んでしまっていた僕は、お店づくりもそんなペースでした。


早めに取り組んだのがスタッフの採用。

無論今のスタッフだけでは新店舗は成り立たないため、新たなスタッフを早めに募集しました。
我が社の唯一でそして最大の自慢は、優秀(かどうかは置いておいて)で「いい人」しか集まらないということ。これは社長として我が社の最大の自慢です。
ここ数年、会社の成長と共に20名近い僕と同世代か僕より若い社員が入社してくれました。

まわりの中小企業が人手不足で悩む中、不思議と募集をかけるとたくさんの応募があります。そして一人も辞めない。(あ、一人だけいろいろあって辞めた人がいましたが…。)

たいしたリーダーシップも発揮しない社長なのに不思議なのですが、きっと思い付きですぐふらふらする僕をみんな頼りなく思って支えてくれているんだと思っています、勝手に。

 

ただし、経営理念に掲げている「働く仲間がこの会社で働くことで誇りと幸福感を持って将来の夢を叶えることができ、そして地域・社会と共に発展する会社を目指します」と言う文言だけは本気で実現を目指しています。そして彼ら・彼女らを裏切らないように必死です。

 

そして今回も募集をしてすぐに素敵な2人が入社してくれました。

今回は(も)2人とも経験豊富でとっても優秀。もちろん「いい人」。

即戦力として新店舗オープンの準備をほとんどやってくれています。

そして何よりいよいよ本領を発揮し出したブランドマネージャーに昇格したS君の存在。彼がいなければ今回の出店は到底できませんでした。(と、普段あまり伝えられないのでブログを通じて伝えるという社長の常套手段)。
もちろん他のスタッフも全員、日頃の業務の忙しい中ふらふらして何も決めない僕をしり目にどんどんオープン準備を進めてくれています。

スタッフみんなのお蔭ですっかり夏休みの宿題は終わったつもりでいた僕はと言うと、S君に言われて気づかされます。

「アルバイト募集しなきゃいけないんじゃないですか?あとスタッフ用の駐車場の確保も…」

慌てて参加したららぽーとの合同求人説明会で面接を対応したS君の一言が忘れられません。
「未成熟な会社ではあるんですがみんなで創り上げてるんです!」

 

と言うわけで、前途多難な続・お店づくり。

本店オープンのときは準備が整ってからのオープンだったのですが今回はそうもいきません。
ショッピングモールに出店という初めての経験にわからないことばかりで、オープンまでに越えなければならないハードルがまだ20個くらいありそうです。

周囲には「一か八かの出店です」と言っていますが、正直始まってみないと何がどうなるかわかりません。多くの人が「どうせ失敗するだろう」と思っているかもしれません。

 

でも、こんな田舎の小さな町工場がショッピングモールに出店するなんて、出店を決断した僕でさえ疑心暗鬼ですが、お客様とスタッフのお蔭でここまで来ることができました。
僕の夢、会社の夢、スタッフの夢(であって欲しい)を実現するにはここが踏ん張りどき。

 

どのみち挑戦しなくては未来はありません。

次回はもう少し社長らしいところをお伝えできたらと思います。

Vol.0
4に続く。

 

20198月 

FACTORY&STORE MANUALgraph 代表 鈴木大悟

続・お店づくり日記 Vol.02

Blog

 

 

さて、前回でお伝えした通りFACTORY&STORE MANUALgraphの新たな挑戦が始まったことはお伝えしましたが、Vol.02からは具体的なお店づくりの始まりです。

※→Vol.1はこちら。

 僕の周りの人は、僕が移り気でいろんな影響を受けやすく、すぐフワフワしてしまうことをよく知っています。経営者としては最悪ですよね(笑)。自覚もあるので普段はなるべく気を付けているのですが、ことお店づくりや数年前に行った自邸「FUN!HOUSE!」をつくる時もそうだった様に、いろんな刺激やインプットを求め動きだすと、「あれもしたい、これもしたい」がすぐに始まります。

 

スタッフにしてみれば「また始まった」と言う感じの様ですが、もうみんな慣れてくれています。

 

ただそれによって一番苦しむのは僕であることもよくわかっているのですが、結果今回も迷走は始まります。

 

そんな時いつも整理して助けてくれるのが周りのクリエイターさんたちです。

FUN!HOUSE!の時も設計士である小嶋さんに、僕の中で沸き立つぐちゃぐちゃした妄想を見事に整理して想像を超えた満足のいく家を建てることができました。

 

今回も6年前と同様、おなじみNSSGマチダ君に助けを求めました。

実はこの6年間ブランドを運営するにあたって彼にはずーっとお世話になってきました。

 

店舗デザイナーさんから上がってきたプランを一旦は納得したものの、その間も僕の妄想は止まりません。あれもしたい、これもしたい

 

そんなタイミングでマチダ君に投げます、「整理お願いします」と。

いい迷惑ですが彼も慣れたもの。

 

僕が、MANUALgraphが、ユーザーに本当に伝えたいことはなんなのか、それをお店でどう表現するか、ひとつひとつそぎ落としてくれます。

 

それを深く深く考え、新しく加わったスタッフも含め話し合い、店舗の工事の直前でやっとなんとなく見えてきました。まぁ完全に遅いのですが

 

僕がこれまで影響を受けてきた家具やインテリアにとどまらず、音楽やデザインや文学やアートや、様々なカルチャーをミックスして一つの答えを出したい。今や、と言うかもともと僕一人のブランドではないので、スタッフとも共有しながら、そしてできる事なら世の中に少しでもいいので新しい何かを発信したい。

 

長年苦楽を共にしたスタッフのみんなとは自然と思考が一緒になるというか、例えば商品1つ選ぶにも写真を並べて「せーの、これ」で指をさすとだいたい一致していたりして嬉しい限りです。

 

これまでMANUALgraphは「FUN!SOFA!」をモットーにソファを通じて暮らしのわくわくをお届けしたいという想いでやってきましたが、以前のブログにも書いたようにこの「FUN!SOFA!」も実はマチダ君が考えてくれたもの。

 

そして今回、僕の「あれもしたい、これもしたい」を聞いてもらって彼が提案してくれたのが「FUN LIFE,FUN SOFA」というキャッチフレーズ。

 

はい、ドンピシャです。

新しいお店はソファ以外の商品も広く取り揃えます。これからはソファだけでなくもう少し幅を広げて「暮らしのわくわく」をお届けしていくことにしました。もちろん自社で造るソファが軸ではありますが。

 

僕たちにとっての「FUN=わくわく がきっと皆さんにとっての「FUN」であることを勝手に願って新しいソファや商品を現在進行形で決めています。

 

さていよいよ新店舗の工事が始まりますが、決まってないこと盛りだくさん!
工事関係者の皆様にはなるべくご迷惑をお掛けしないようにしながらも、理想のお店づくりが進んでいます。

 

20197月 

FACTORY&STORE MANUALgraph 代表 鈴木大悟

6月29日、30日 アウトレットセール開催!

News

 

この度FACTORY&STORE MANUALgraphは新店舗出店(ららぽーと沼津)を記念したアウトレットセールを開催します!

 

 

長期展示品をはじめ、商品化に至らなかった試作品など世界に一台しかないソファもアウトレット価格でご提供!

その他、MANUALgraphスタッフがセレクトした暮らしのアイテムや

本店でしか手に入らないオリジナルグッズもリーズナブル価格で販売いたします。

家具工場直営ショップならではのFUNな機会を是非お楽しみください!!

 

 

■INFORMATION
FACTORY&STORE MANUALgraph新店舗オープン記念アウトレットセール

日程:2019年6月29日(土)、30日(日)の2日間
時間:10:00 ~ 18:00
場所:静岡県裾野市茶畑544
TEL:055-992-2631

FACTORY&STORE MANUALgraphは、ららぽーと沼津店に出店します!!

News

 


 

 

この度FACTORYSTORE MANUALgraphは、

2019年10月に『三井ショッピングパーク ららぽーと沼津』へ出店いたします。

 

私たちはこれまで静岡県裾野市という地からソファを通じたモノづくりを発信してまいりました。

「品質の良いソファを手の届きやすい価格でお届けしたい」

そんな想いから工場直営にこだわり、日々ものづくりに励んでまいりました。

 

オープンから6年。

地域の皆様に私たちの想いを知って頂けるようになり、決して多くはありませんが様々なご家庭に私たちのソファを納められるようになりました。

 

少しずつ知られるとともに、「もっと早く知っておけばよかった」というお声も頂くようになりました。

私たちは住宅街の中にポツンと佇む工場の中にある小さなお店。

ソファを買うタイミングで初めて知ってもらえるようなお店です。

 

より早いタイミングで私たちを知ってもらいたい。

ららぽーと沼津への出店はさらに多くの地域の皆様に私たちの想いお届けするための挑戦の証です。

これからもFACTORYSTORE MANUALgraphどうぞ宜しくお願いいたします。

 

INFORMATION

FACTORYSTORE MANUALgraphららぽーと沼津店』

住所  :静岡県沼津市東椎路東荒301番地31 19060

電話  :055-994-9036

FAX  :055-994-9037

営業日 :年中無休

営業時間:10:00 ~ 21:00

 

 

 

ららぽーと公式サイトにて、紹介されています。

ぜひ、ご覧になってみてください!

 

続・お店づくり日記

Blog

 

 

 

2013年、FACTORY&STORE MANUALgraphを立ち上げる際5回に渡りに書いたブログ「お店づくり日記」。

 

あれから早6年が経ち、今回また新たに「続・お店づくり日記」を書くこととなりました。

 

なぜなら新しいお店を出店することとなったからです。

 

※6年前の「お店づくり日記」はこちらからご覧ください。

 

この6年間、僕にも会社にも当然様々な変化がありましたが、かといってそんなに大きく変化したかと言うとそうでもなく、相変わらずこの静岡県裾野市の小さな工場とお店でソファを造り続けています。

 

それこそソファが売れに売れて、新工場が建ち僕もベンツを乗り回したり(別に乗りたくもないのですが。)なんてことは今のところ起きていません。

 

それでもお陰様で少しずつ売り上げも伸び、若いスタッフも職人も増え、僕も少しだけ大人に(おじさんに?)なりました。

 

たしか2013年にブランドを立ち上げたときはもう少し違う未来を想像していたような気もしますが、やはり少しずつこつこつと積み上げていくことが僕にも会社にも合っているんだとこの頃思ったりしています。

 

ところが、そんな僕たちにもある日かかってきた一本の電話でけっこう大きな変化が訪れました。

 

「となりまちの沼津市に新しくできるららぽーとに出店しませんか?」と。

 

もちろん、沼津市に新しく「ららぽーと」ができるのは知っていましたし、家具屋さんも入るんだろうなーなんて思ってたくらいで、冗談でスタッフに

「ららぽーとから出店依頼があっても断ろうな(笑)」なんて話をしていたくらいなんですが、いざ本当に依頼が来るとちょっと欲が出てしまうというか、挑戦してみたい気持ちが膨らんできました。

 

先方の事情を聴いてみると「家具・インテリアの出店がない」、「地域に根差した施設を目指していて地元企業を何社か探している」らしく、提示された出店条件もまぁ楽ではないけど何とかなるかなといった感じ。

 

ブランドとしてショッピングモールに出店することがいけてるのかどうか迷いましたが、最終的に僕が出店を決意した理由を、このブログを書くに当たって自分の中で整理する為にも出店を決めた理由を整理したいと思います。


出店を決めた第1の理由は、会社の理念です。

うちの会社の経営理念には「経済の原点はものづくりにある」と唱えています。

GAPから始まり今や世界中のファストファッションや家具の世界でもいわゆる「SPA(製造小売り業)」と言うのが一般的になって久しいですが、それら全ては小売業が製造のチャネルを持つことによって成り立っています。(たぶん)

僕らはブランドを立ち上げた当初から「製造業が挑戦する真のSPA」などとちょっとカッコつけて言ってきましたが、この理想を実現する絶好の機会であり次のステップだと感じたことが第1の理由です。

 

2つ目の理由は、「子育て世代」です。MAMNUALgraphでソファをお買い上げいただくほとんどのお客様が家を購入するタイミングのいわるゆ「住宅取得層」で3040台の子育て世代です。僕やうちのスタッフの多くもそうだったりします。子育て世代は忙しく、また金銭的にも余裕がない場合も多い。

そんな人たち(自分たちも含めて)にいいものを少しでも手の届きやすい価格でお届けしたい、「暮らしの様々なFUNをお届けしたい」というのが僕たちブランドの想いでずっと6年間ブランドを続けてきましたが、そんな子育て世代に一人でも多くお届けできるのにはうってつけじゃないかと思ったのが2つ目の理由。

 

そして3つ目は、著書「破天荒フェニックス」の影響です。

メガネ小売チェーン「OWNDAYS」の再生物語を小説にした本が話題になっていて、出店のお誘いをいただいたころちょうど読んでいたのですが、その本の中では資金繰りの苦しい中でも挑戦の出店を繰り返して成長を続けた姿が描かれていて、すっかり影響を受けてしまい「何とかなるだろう」と思ってしまったのが3つ目の理由です。

 

と、他にもいくつか理由はあるのですが、この3つが大きな理由。

3つ目はタイミングがよすぎてこの本を読んだ人の多くも「挑戦しよう」という気になったんじゃないかなと思います。

 

と言うわけで6年ぶりのお店づくりがスタートしたのが今年の3月ごろ、6月の現時点ではもうすぐ工事がはじまるというタイミングですが、6年前同様に、自分がブランドを始める、お店を始める原点を忘れないためにも、次回以降「続・お店づくり日記」を書いていきたいと思います。

Vol.2へ続きます。

 

令和元年6月20

FACTORY&STORE MANUALgraph 代表

鈴木大悟

 

CATEGORIES

BACK NUMBERS