Topics

/ Blog

ダイニングチェアリペア納品事例_お客様の理想を形に

Blog

こんにちは。

MANUALgraphスタッフ前田です。

 

今回は、工場直営だから出来る事、ダイニングチェアの張替えの製作事例をご紹介させて頂きます。

 

今回のお客様は、以前にピアノ椅子の張替えをさせていただいたお客様で、その後も何度かSTOREにも顔を出して頂いてるお客様からのご依頼でした。

 

頂いたイメージ画像は、座面が様々な柄の生地を使ったパッチワークのチェアでした。

 

 

まずは、イメージに近づけるように様々な生地を選び出しました。

また、お持ちいただいたチェアが板座面の為、新たな座面の張り方や、生地の色、柄の組み合わせを試行錯誤し

最終調整をしていきました。

 

そして完成したものがこちら。

 

 

 

 

1脚はブルーをベースにグレーを使った座面にし、もう1脚は黄色やえんじ色を差し入れにいれ、可愛らしい雰囲気に。

 

ご主人と奥様でそれぞれ座られるとのことでした。

ご主人が引き取りに来て下さり、喜んでくださりました。

お客様の『FUNな暮らし』のお手伝いができ、嬉しい限りです。

 

工場直営のお店だからと、ご相談下さったお客様の期待に沿えるよう、

これからも、職人たちと日々励んでいきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注ソファ納品事例_快適なライフスタイルをお届けするためのソファづくり

Blog

皆さんこんにちは。

MANUALgraphスタッフの佐野です。

特注ソファの納品事例がありましたので少しご紹介させて頂きます。

 

はじまりは日頃お世話になっている設計士の小泉さん(有限会社小泉設計室)からのご連絡。

 

「今手掛けている物件で造作ソファを作れないでしょうか?」

 

僕たちはメーカー直営のソファ専門店なのでこうした特注ソファのご相談は比較的多く、建築関係の方とも直接お仕事させて頂くことがあるのですが、今回は施主様が工場見学をされたいとのことでした。お話を聞くとT様はメディア関係の仕事をされており、日常的にものづくりの現場へ足を運ばれている方と伺いました。

僕たちのお店は普段より、職人によるものづくりの様子をお客様ご自身の目でご覧になって頂けるような工場と直結した作り、すなわちブランド名にもある「FACTORYSTORE」としてお店を展開しています。僕たちにとって工場見学をされたいというのはとても嬉しい言葉。もちろんOKですと即答させて頂きました。

 

後日T様ご来店。

 

早速今回の特注ソファ制作から話を進めていくことに。

小泉さんから予め構成イメージを支給してもらっていたので、それを基にサンプルを制作、まずは実際に座ってもらい感触を確かめてもらいました。

 

「少し柔らかすぎますかね・・」

 

どんな座り心地が理想的か、次は本店にあるソファでT様がイメージする座り心地に近しいものがあるが確かめてもらうことにしました。

 

「惜しいけどなにか違う・・」

 

話を変えて、ではソファを通じてどんな暮らしをされたいでしょうか?

 

「座って食事もしたいが、リラックスもしたい」

 

すなわち座面が程よく硬くて背面が柔らかいイメージとのことでした。

そこで僕たちのオリジナルソファで採用している背クッションと座クッションの組合せから離れ、色んな要素を掛け合わせてみることに。

 

「これだ!」

それはMANAUL STANDARDの座面クッションとFUN HOUSE SOFAの背クッションを掛け合わせたものでした。

 

MANUAL STANDARDの座クッション中身は僕たちのソファで唯一ポケットコイルを採用した仕様で、ウレタンだけのものに比べて少し反発を感じる程よい固さの座り心地。

 

FUN HOUSE SOFAの背クッション中身はフェザーとウレタンを細かく刻んだウレタンチップが混合されたものでフワッと包み込まれるような感覚。

 

まさにT様にとって理想的な組合せでした。

 

次にデザイン。

小泉さんからは背クッションをクタっとした大きな一個のルーズクッションにしたらどうかという提案。しかしT様はご自身の生活をイメージした時にパキッした印象を保ちたいとのことでしたので座面クッションは予定通り大きな一本のデザイン、背クッションは分割することに決定しました。

 

最後に張地。

張地はウールが入った紺系の生地をセレクト。ウールの少し可愛らしい印象がありつつも濃いネイビーがシャープな印象を持たせてくれるものに決まりました。

 

最後は予定通り工場を見学頂きソファ作りの現場をご覧になって頂きました。

 納品時は施工途中ということもありT様の感想をお聞きすることはできませんでしたが、後日とても気に入ったとお喜びの言葉を頂きました。

 

 

僕たちの会社理念には「お客様が快適なライフスタイルを送ることができるようお手伝いいたします」という言葉があります。

今回は自分たちにしかできないものづくりを通じて、T様のこれから始まる生活のお手伝いができたかなと僭越ながら感じています。

 

T様、小泉様ありがとうございました!

 

 

2020/02/29

【オットマンを使ってより快適なソファライフを。】

Blog

 

こんにちは。

MANUALgraphスタッフ前田です。

 

ソファ選びのあれこれ、様々なソファの魅力を、工場直販の国産ブランド FACTORY&STORE MANUALgraphのスタッフが皆様にお教えいたします。

 

今回はソファをもうすでにお持ちの方にお勧めしたいアイテム、オットマンです。くつろぎのソファライフをより充実させるためにオットマンは必要なアイテムとなります。

単なる足置きと侮ってはいけません。コンパクトな見た目以上に使い勝手は様々です。

 

◆普通のソファと組み合わせてカウチソファ代わりに

 

普通のソファとオットマンを組み合わせることで、カウチソファのように使うことが出来ます。

 

L字型ソファをスペース的に置けないお部屋でも、オットマンを使用することで
足を伸ばしてテレビを見たり、本を読んだり、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

オットマンを2つ揃えれば、2人同時に足を伸ばして使用することもできちゃいます。
オットマンの位置を動かすことで、足の伸ばし方を変えることも可能です。

 

 

◆サイドテーブルとして使う

 

足置き用のソファとしてだけでなく、オットマンはサイドテーブルとして活用することもできます。

トレーを置けば簡易的なテーブルとしても使えますね。

中には、オットマンを読書用のサイドテーブルとして使ったり、ベッド脇のサイドテーブルとして使っている方もいるそうです。

来客時の荷物置き場にも使えますね。

 

◆来客があったときに座っていただける

 

普段足置きやサイドテーブルとして使っているオットマンは、来客時に補助的な椅子として活用することができます。

来客に備えて椅子を新しく置かなくても、オットマンがあれば生活スペースを圧迫することなく、来客時にも対応できます。

お客様にソファに座って頂き、ご自分がオットマンに座られるといいかもしれません。

 

◆持ち運びできるのでリビング以外の部屋でも使用できる

 

オットマンは普通の椅子やソファに比べて小さいため、移動させてリビング以外の場所で使用することもできます。

コンパクトなものでしたら玄関においたり、子供部屋で使ったりとその時のライフスタイルにあわせて様々なシーンで活躍しそうです。

 

 

MANUALgraphではすべてのオリジナルソファに対応するオットマンを制作することが可能です。

ソファを購入して、しばらくたってからオットマンを購入される方もたくさんいらっしゃいます。

皆様こだわりのソファライフをもっと快適にされたいという思いからなのかもしれませんね。

 

MANUALgraph裾野本店、ららぽーと沼津店で見本がございますので、ぜひ一度お試しください!

 

 

ソファメーカーブランドだからできること

Blog

皆さんこんにちは。

MANUALgraphスタッフの佐野です。

 

新店舗出店からようやく1カ月経ち、僕自身も少し落ち着きを取り戻してきました。

まだまだ落ち着いている場合じゃない!と怒られるかもしれませんが、気持ちを落ち着かせてブログを少々。

今回は、これぞ自分たちのものづくりだからこそできたと感じる納品事例がありましたのでご紹介します。

 

始まりはFUN HOUSE SOFAをデザインして頂いた、こぢこぢ一級建築士事務所の小嶋さんからの連絡。

「都内のスポットで着座されたH様がパンフレットを見てFUN HOUSE SOFA 3-seaterが気になるとのことで近々うちの事務所に来たいと連絡がありました」

 

MANUALgraphは静岡県にしかお店がないので遠方のお客様にソファを体感してもらうための方法として「Experience Spot」という試し座りできるスポットを都内各所にいくつか設けてあり、小嶋さんの事務所もその一つでした。

実際に足を運ばれたH様はFUN HOUSE SOFAを気に入られ、話を聞くとどうやら自宅の地下一階にスタジオがあり、そこにFUN HOUSE SOFA 3-seaterを置きたいということでした。そして搬入が難しいかもしれないとも・・

 

H様のご自宅図面を後日支給頂けるのでまた連絡します」

 小嶋さんからの連絡を受けた僕はFUN HOUSE SOFAは肘を外して収めることもできるので、いつも通りくらいの感覚で安易に考えていました。

 

しかし、後日図面を確認した小嶋さんから「肘を外しても絶対入らない」との連絡。

建築士の小嶋さんが言うのだから間違いなく入らないだろうとすぐにわかったので、それなら早い段階で他のソファをご提案するしかないと考えました。

小嶋さんとも相談し、いくつか提案させてもらいましたがやはりFUN HOUSE SOFA 3-seaterが欲しい。ならば僕たちも工場直営ブランドとしての意地を見せたい。

色々と模索する中、小嶋さんからソファを21で分割すればいいのではないかと提案がありました。しかし製造側からは耐久性の問題があるかもしれないと渋めの判断。

様々な制約がある中で、最後は代表の鈴木に相談し「自分たちにしかできないものづくりをやろう」と決断。

 

やると決めたからには徹底的にやるのがこの会社。

「まずは段ボールを原寸大に加工して現地で調査しよう。」

 

 

小嶋さん立ち合いのもと設置予定場所に収めるシミュレーションを何度か行い、おそらく大丈夫だろうという判断でその日は終了。

 

 

 

小嶋さんから事前にもらっていた分割構造案と製造側の判断の基、早速制作に取り掛かりました。

 

完成。そして納品の日。

現場で作業が行えるように職人の芹澤君を連れて万全の体制を整えました。

 

現場到着後、再度導線確認を行い搬入作業開始。

普段から自分たちで納品をしていることもあり、ソファがどうしたら入るか空間的な掴みはわかっていましたが、それでも出したり入れたりを繰り返し、ようやく全てのパーツを納めることが出来ました。

 

あとは組み立て作業を行うばかり。

2分割したパーツを組み合わせ、1つのソファとして使用するには十分な強度を担保しなくてはいけないため、分割面の接合部分をプレート一体型の脚で固定し耐久性を確保しました。

 

僅かなズレも許されないため慎重に取り付け作業を行う。

 

ようやく自分たちが納得いくところで本体が完成しクッションを置いてみると現行通りの仕上がりになりました。

 

完成したソファをH様に座って頂き大変気に入ってもらえた様子で「これで年末はここにみんなで集まって紅白がみられると思うと今から楽しみ!」

H様の発言にその場にいたみんなも緊張が解け笑顔でワイワイ。

しかし鈴木からするどい一言「どちらかというと紅白に出るほうでは?」

思わずみんなで「そうだった!」

 

・・・・・・

 

 

今回は自分たちのものづくりだからできたと感じる納品であったと感じる一方で、FUN HOUSE SOFA 3-seaterが欲しいと諦めずに最後まで意思を貫き当してくれたH様と、何より背中を押してくれた小嶋さんがいたからこそ実現した事例であったと本当に感謝しています。

 

大きなソファは欲しいけど置けないからと諦める前に一度MANUALgraphに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

2019/11/03

MANUALgraph 新作ソファ『NORTH』

News

MANUALgraphの新しいSOFAのご紹介です。

 

『NORTH』

シンプルな佇まいと快適な座り心地の共存

 

最小化されたシンプルなデザインでこそ活きる素材の良さや、マテリアルの質感をしっかりと感じさせるNORTH。

 

 

 

 

コンパクトながらも、深みのある座り心地

 

 

 

深みのあるクッション性でローソファのサイズ感はそのままに、快適な座り込心地を実現。安定感もあるので、長時間座っていても疲れません。

シンプルなデザイン性、幅のとらないサイズ感は、一人暮らしのコンパクトなお部屋にもマッチします。

 

 

余計な主張を無くし、どんなシーンにもフィットしながらも、ローソファ特有の深みのあるクッションで、快適な座り心地を作り込んだソファです。

 

ららぽーと沼津店のみの限定で展示しております。

お近くにお越しの際には、ぜひ実際に座り心地をお確かめください!

 

NORTH 2seater

 

CATEGORIES

BACK NUMBERS