MANUALgraphのソファを体感できる場所「Experience Spot」 -START-!

Blog

こんにちは。 MANUALgraphスタッフの佐野です。

 

MANUALgraphのソファを、裾野市のSTORE以外でも体感していただける場所「Experience Spot」の第2弾を遂にリリースすることができました。

今回この「Experience Spot」の企画・立案をさせていただきました。

少し僕の紹介とExperience Spot OPENに至った経緯を、お話をさせて頂こうと思います。

 

「静岡ブランドを発信したい」

 

これは僕の夢の一つでもあります。

僕は大学進学のタイミングで地元である静岡県富士宮市を離れ、東京、大阪と14年間他県で生活をしていました。

大学卒業後はそのまま東京で就職し、大手企業に勤め、いわゆる立派なレールに乗って過ごしてきました。

しかし2011年の東日本大震災を期に自分でも社会に対して何かできないかと考えるようになり、もともと関心のあった社会貢献とビジネスを両立した社会的起業家を目指し事業を起こすも法的制限の問題からなかなか前に進まず、ベンチャー企業に参加しながら機会を待ちました。

しかし当時結婚もしており、妻のおなかには二人目となる赤ちゃんもいたので本当に大切なものを犠牲にしているような、そんな気がして地元に帰省を決意。

自然あふれる環境や、落ち着いた家族との生活に慣れていく一方で、まだ自分の中でくすぶっているものもありました。そんな折ふと見たニュースに「静岡県の若年層による人口流出問題」が取り上げられていたことをきっかけに地元企業に関心を寄せるようになり、地元企業がその地域からもっと全国に発信するように元気になればそこで活躍したいという若者が増え地元にとどまるのでないかと考えるようになりました。

その後様々なタイミングが重り、静岡県裾野市でMANUALgraphを運営する代表の鈴木に出会いました。

 

「MANUALgraphというソファブランドを全国に発信し、裾野市という地域に足を運んでもらうきっかけをつくる」

 

まさにその通りだと思いました。

地域ブランドが全国に知られることで、その地域が知られるようになり結果として地域が潤う。大きな目標に共感し入社。

しかし目標はあるものの、これまで経験したことない業界なうえに、全くの素人で本当にやっていけるのか不安はありました。

 

入社してすぐ工場の現場に入らせてもらい勉強。

そこでは若い職人からベテラン職人の細部までこだわる姿勢や工夫、なによりお客様が座った時をイメージしながらものづくりに励む姿に本当に良いものをこの会社で自信をもって伝えることできるのだと、とてもうれしかったのを覚えています。

 

MANUALgraphを発信していくうえで、まずこの品質の良さをどう伝えたらよいか。

 

多くの方に知ってもらうには大商圏への出店や代理店販売をすればよいのではと考えるかもしれませんが、MANUALgraphは品質の良いものをなるべく手の届きやすい価格で提供することをモットーにしているため、直接価格に反映してしまわないこだわりとして卸もしなければ、販売も自社工場と併設した店舗と自社ECでしか行っていません。

 

そんな折、僕の知り合いの会社の自転車メーカーさんが、自社商品をディスプレイとして置かせてもらう代わりにディスカウント価格で提供し実際に試乗できる場所として展開していることを知りました。

たしかに自動車でも今では試乗して購入される方も多いし、ソファも全国のカフェや施設にパートナーとして置かせてもらい、実際にMANUALgraphのソファに座ってもらうことで品質を体感してもらえばいいのではないかと考え立案しました。

しかしそうは簡単にはいかないだろうとも思っていました。「ソファ」といえば空間インテリアに大きく影響するもの。すでに家具など確立されている店内に実物を見ずには決めることは困難であり、ましてや裾野まで足を運んでソファを見て下さいというのも気が引ける。

それならば、先に控えていた代官山T-SITEでの展示会「FUN!SOFA!EXPERIENCE」のタイミングで一度見てもらおうと都内、また都内近隣エリアを中心に一斉に募集をかけました。

 

予想以上の反応、展示会に足を運んで頂けた方に限りパートナーとしてご協力頂くことに。

 

募集をかけたところありがたいことに想像以上の応募がありました。当初から募集数を5社と設定していたため、実際に展示会に足を運んで頂いた方に限りパートナーとしてご協力をお願いしました。何度かお話させて頂くうちに、

 

「うちの店舗でもなにかMANUALgraphを発信する上で役に立てることはないか」

「こんな感じにしたらもっとお客様にアプローチできるのではないか」

 

逆に提案をもらえるほどに。

そんなパートナーさんの温かい思いとともにスタートすることができました。

 

MANUALgraphのソファを体感できる場所。

「Experience Spot」。

 

 

第一弾の湘南T-SITEに続き、第二弾では都内のCAFÉなどを中心に計5か所のExperience SpotでMANUALgraphのものづくりの真髄を体感していただけます。

 

TOLO COFFEE&BAKERY

Days386

CHICHI CAFE

SLOW FOOD CAFE SMILE

こぢこぢ一級建築士事務所

 

是非、MANUALgraphのソファに座って「FUN!」なひと時をお楽しみください。

 

 

佐野

2018/3/23

ShareFacebookTwitter

> Back