続・お店づくり日記 Vol.03

Blog

続・お店づくり日記 Vol.03

 

 

FACTORY&STORE MANUALgraphとしてららぽーと沼津に出店を決めて早8か月。

あっという間にオープン1か月前を迎えました。


※これまでの経緯はこちら
続・お店づくり日記 Vol.01 Vol.02

子供のころから夏休みの宿題は一瞬早めにやって、残りの大半を8月後半まで持ち込んでしまっていた僕は、お店づくりもそんなペースでした。


早めに取り組んだのがスタッフの採用。

無論今のスタッフだけでは新店舗は成り立たないため、新たなスタッフを早めに募集しました。
我が社の唯一でそして最大の自慢は、優秀(かどうかは置いておいて)で「いい人」しか集まらないということ。これは社長として我が社の最大の自慢です。
ここ数年、会社の成長と共に20名近い僕と同世代か僕より若い社員が入社してくれました。

まわりの中小企業が人手不足で悩む中、不思議と募集をかけるとたくさんの応募があります。そして一人も辞めない。(あ、一人だけいろいろあって辞めた人がいましたが…。)

たいしたリーダーシップも発揮しない社長なのに不思議なのですが、きっと思い付きですぐふらふらする僕をみんな頼りなく思って支えてくれているんだと思っています、勝手に。

 

ただし、経営理念に掲げている「働く仲間がこの会社で働くことで誇りと幸福感を持って将来の夢を叶えることができ、そして地域・社会と共に発展する会社を目指します」と言う文言だけは本気で実現を目指しています。そして彼ら・彼女らを裏切らないように必死です。

 

そして今回も募集をしてすぐに素敵な2人が入社してくれました。

今回は(も)2人とも経験豊富でとっても優秀。もちろん「いい人」。

即戦力として新店舗オープンの準備をほとんどやってくれています。

そして何よりいよいよ本領を発揮し出したブランドマネージャーに昇格したS君の存在。彼がいなければ今回の出店は到底できませんでした。(と、普段あまり伝えられないのでブログを通じて伝えるという社長の常套手段)。
もちろん他のスタッフも全員、日頃の業務の忙しい中ふらふらして何も決めない僕をしり目にどんどんオープン準備を進めてくれています。

スタッフみんなのお蔭ですっかり夏休みの宿題は終わったつもりでいた僕はと言うと、S君に言われて気づかされます。

「アルバイト募集しなきゃいけないんじゃないですか?あとスタッフ用の駐車場の確保も…」

慌てて参加したららぽーとの合同求人説明会で面接を対応したS君の一言が忘れられません。
「未成熟な会社ではあるんですがみんなで創り上げてるんです!」

 

と言うわけで、前途多難な続・お店づくり。

本店オープンのときは準備が整ってからのオープンだったのですが今回はそうもいきません。
ショッピングモールに出店という初めての経験にわからないことばかりで、オープンまでに越えなければならないハードルがまだ20個くらいありそうです。

周囲には「一か八かの出店です」と言っていますが、正直始まってみないと何がどうなるかわかりません。多くの人が「どうせ失敗するだろう」と思っているかもしれません。

 

でも、こんな田舎の小さな町工場がショッピングモールに出店するなんて、出店を決断した僕でさえ疑心暗鬼ですが、お客様とスタッフのお蔭でここまで来ることができました。
僕の夢、会社の夢、スタッフの夢(であって欲しい)を実現するにはここが踏ん張りどき。

 

どのみち挑戦しなくては未来はありません。

次回はもう少し社長らしいところをお伝えできたらと思います。

Vol.0
4に続く。

 

20198月 

FACTORY&STORE MANUALgraph 代表 鈴木大悟

ShareFacebookTwitter

> Back