Topics

/ STORY

続・お店づくり日記

Blog

 

 

 

2013年、FACTORY&STORE MANUALgraphを立ち上げる際5回に渡りに書いたブログ「お店づくり日記」。

 

あれから早6年が経ち、今回また新たに「続・お店づくり日記」を書くこととなりました。

 

なぜなら新しいお店を出店することとなったからです。

 

※6年前の「お店づくり日記」はこちらからご覧ください。

 

この6年間、僕にも会社にも当然様々な変化がありましたが、かといってそんなに大きく変化したかと言うとそうでもなく、相変わらずこの静岡県裾野市の小さな工場とお店でソファを造り続けています。

 

それこそソファが売れに売れて、新工場が建ち僕もベンツを乗り回したり(別に乗りたくもないのですが。)なんてことは今のところ起きていません。

 

それでもお陰様で少しずつ売り上げも伸び、若いスタッフも職人も増え、僕も少しだけ大人に(おじさんに?)なりました。

 

たしか2013年にブランドを立ち上げたときはもう少し違う未来を想像していたような気もしますが、やはり少しずつこつこつと積み上げていくことが僕にも会社にも合っているんだとこの頃思ったりしています。

 

ところが、そんな僕たちにもある日かかってきた一本の電話でけっこう大きな変化が訪れました。

 

「となりまちの沼津市に新しくできるららぽーとに出店しませんか?」と。

 

もちろん、沼津市に新しく「ららぽーと」ができるのは知っていましたし、家具屋さんも入るんだろうなーなんて思ってたくらいで、冗談でスタッフに

「ららぽーとから出店依頼があっても断ろうな(笑)」なんて話をしていたくらいなんですが、いざ本当に依頼が来るとちょっと欲が出てしまうというか、挑戦してみたい気持ちが膨らんできました。

 

先方の事情を聴いてみると「家具・インテリアの出店がない」、「地域に根差した施設を目指していて地元企業を何社か探している」らしく、提示された出店条件もまぁ楽ではないけど何とかなるかなといった感じ。

 

ブランドとしてショッピングモールに出店することがいけてるのかどうか迷いましたが、最終的に僕が出店を決意した理由を、このブログを書くに当たって自分の中で整理する為にも出店を決めた理由を整理したいと思います。


出店を決めた第1の理由は、会社の理念です。

うちの会社の経営理念には「経済の原点はものづくりにある」と唱えています。

GAPから始まり今や世界中のファストファッションや家具の世界でもいわゆる「SPA(製造小売り業)」と言うのが一般的になって久しいですが、それら全ては小売業が製造のチャネルを持つことによって成り立っています。(たぶん)

僕らはブランドを立ち上げた当初から「製造業が挑戦する真のSPA」などとちょっとカッコつけて言ってきましたが、この理想を実現する絶好の機会であり次のステップだと感じたことが第1の理由です。

 

2つ目の理由は、「子育て世代」です。MAMNUALgraphでソファをお買い上げいただくほとんどのお客様が家を購入するタイミングのいわるゆ「住宅取得層」で3040台の子育て世代です。僕やうちのスタッフの多くもそうだったりします。子育て世代は忙しく、また金銭的にも余裕がない場合も多い。

そんな人たち(自分たちも含めて)にいいものを少しでも手の届きやすい価格でお届けしたい、「暮らしの様々なFUNをお届けしたい」というのが僕たちブランドの想いでずっと6年間ブランドを続けてきましたが、そんな子育て世代に一人でも多くお届けできるのにはうってつけじゃないかと思ったのが2つ目の理由。

 

そして3つ目は、著書「破天荒フェニックス」の影響です。

メガネ小売チェーン「OWNDAYS」の再生物語を小説にした本が話題になっていて、出店のお誘いをいただいたころちょうど読んでいたのですが、その本の中では資金繰りの苦しい中でも挑戦の出店を繰り返して成長を続けた姿が描かれていて、すっかり影響を受けてしまい「何とかなるだろう」と思ってしまったのが3つ目の理由です。

 

と、他にもいくつか理由はあるのですが、この3つが大きな理由。

3つ目はタイミングがよすぎてこの本を読んだ人の多くも「挑戦しよう」という気になったんじゃないかなと思います。

 

と言うわけで6年ぶりのお店づくりがスタートしたのが今年の3月ごろ、6月の現時点ではもうすぐ工事がはじまるというタイミングですが、6年前同様に、自分がブランドを始める、お店を始める原点を忘れないためにも、次回以降「続・お店づくり日記」を書いていきたいと思います。

Vol.2へ続きます。

 

令和元年6月20

FACTORY&STORE MANUALgraph 代表

鈴木大悟

 

MANUALgraphのソファを体感できる場所「Experience Spot」 -START-!

Blog

こんにちは。 MANUALgraphスタッフの佐野です。

 

MANUALgraphのソファを、裾野市のSTORE以外でも体感していただける場所「Experience Spot」の第2弾を遂にリリースすることができました。

今回この「Experience Spot」の企画・立案をさせていただきました。

少し僕の紹介とExperience Spot OPENに至った経緯を、お話をさせて頂こうと思います。

 

「静岡ブランドを発信したい」

 

これは僕の夢の一つでもあります。

僕は大学進学のタイミングで地元である静岡県富士宮市を離れ、東京、大阪と14年間他県で生活をしていました。

大学卒業後はそのまま東京で就職し、大手企業に勤め、いわゆる立派なレールに乗って過ごしてきました。

しかし2011年の東日本大震災を期に自分でも社会に対して何かできないかと考えるようになり、もともと関心のあった社会貢献とビジネスを両立した社会的起業家を目指し事業を起こすも法的制限の問題からなかなか前に進まず、ベンチャー企業に参加しながら機会を待ちました。

しかし当時結婚もしており、妻のおなかには二人目となる赤ちゃんもいたので本当に大切なものを犠牲にしているような、そんな気がして地元に帰省を決意。

自然あふれる環境や、落ち着いた家族との生活に慣れていく一方で、まだ自分の中でくすぶっているものもありました。そんな折ふと見たニュースに「静岡県の若年層による人口流出問題」が取り上げられていたことをきっかけに地元企業に関心を寄せるようになり、地元企業がその地域からもっと全国に発信するように元気になればそこで活躍したいという若者が増え地元にとどまるのでないかと考えるようになりました。

その後様々なタイミングが重り、静岡県裾野市でMANUALgraphを運営する代表の鈴木に出会いました。

 

「MANUALgraphというソファブランドを全国に発信し、裾野市という地域に足を運んでもらうきっかけをつくる」

 

まさにその通りだと思いました。

地域ブランドが全国に知られることで、その地域が知られるようになり結果として地域が潤う。大きな目標に共感し入社。

しかし目標はあるものの、これまで経験したことない業界なうえに、全くの素人で本当にやっていけるのか不安はありました。

 

入社してすぐ工場の現場に入らせてもらい勉強。

そこでは若い職人からベテラン職人の細部までこだわる姿勢や工夫、なによりお客様が座った時をイメージしながらものづくりに励む姿に本当に良いものをこの会社で自信をもって伝えることできるのだと、とてもうれしかったのを覚えています。

 

MANUALgraphを発信していくうえで、まずこの品質の良さをどう伝えたらよいか。

 

多くの方に知ってもらうには大商圏への出店や代理店販売をすればよいのではと考えるかもしれませんが、MANUALgraphは品質の良いものをなるべく手の届きやすい価格で提供することをモットーにしているため、直接価格に反映してしまわないこだわりとして卸もしなければ、販売も自社工場と併設した店舗と自社ECでしか行っていません。

 

そんな折、僕の知り合いの会社の自転車メーカーさんが、自社商品をディスプレイとして置かせてもらう代わりにディスカウント価格で提供し実際に試乗できる場所として展開していることを知りました。

たしかに自動車でも今では試乗して購入される方も多いし、ソファも全国のカフェや施設にパートナーとして置かせてもらい、実際にMANUALgraphのソファに座ってもらうことで品質を体感してもらえばいいのではないかと考え立案しました。

しかしそうは簡単にはいかないだろうとも思っていました。「ソファ」といえば空間インテリアに大きく影響するもの。すでに家具など確立されている店内に実物を見ずには決めることは困難であり、ましてや裾野まで足を運んでソファを見て下さいというのも気が引ける。

それならば、先に控えていた代官山T-SITEでの展示会「FUN!SOFA!EXPERIENCE」のタイミングで一度見てもらおうと都内、また都内近隣エリアを中心に一斉に募集をかけました。

 

予想以上の反応、展示会に足を運んで頂けた方に限りパートナーとしてご協力頂くことに。

 

募集をかけたところありがたいことに想像以上の応募がありました。当初から募集数を5社と設定していたため、実際に展示会に足を運んで頂いた方に限りパートナーとしてご協力をお願いしました。何度かお話させて頂くうちに、

 

「うちの店舗でもなにかMANUALgraphを発信する上で役に立てることはないか」

「こんな感じにしたらもっとお客様にアプローチできるのではないか」

 

逆に提案をもらえるほどに。

そんなパートナーさんの温かい思いとともにスタートすることができました。

 

MANUALgraphのソファを体感できる場所。

「Experience Spot」。

 

 

第一弾の湘南T-SITEに続き、第二弾では都内のCAFÉなどを中心に計5か所のExperience SpotでMANUALgraphのものづくりの真髄を体感していただけます。

 

TOLO COFFEE&BAKERY

Days386

CHICHI CAFE

SLOW FOOD CAFE SMILE

こぢこぢ一級建築士事務所

 

是非、MANUALgraphのソファに座って「FUN!」なひと時をお楽しみください。

 

 

佐野

2018/3/23

STORY OF THE “FUN!” – FUN!HOUSE!SOFA

STORY

 

我が家の為の「FUN!」なソファ。その名も「FUN!HOUSE!SOFA」。

 

2014年、ついに家を建てようと決意をした。

それまでの数年間、お金を貯めようと祖母が暮らしていた築50年の、古民家と言えば聞こえはいいが、

そんな趣もあまりないただただ古いだけの家に、真冬の隙間風にも我慢して住んでいた。

 

冬、朝起きると息が白かったのを今思い出した…。

 

その間3人目の子となる次男も生まれ、お金もちょっとは貯まってきたので、

この古い家を解体して俺の城を建てよう!と。

 

おしゃれなインテリアに囲まれた暮らしとはほど遠い中、数年生活していた反動と、

もちろん職業柄もともとあった住まいへのこだわりが、僕の頭の中では今にも爆発しそうな状態。

 

あれもしたい、これもしたいともうず~っと妄想していた中で、1つあったのは

「同世代の建築家と家づくりをしたい。」

という想い。

 

そしてもちろんソファ専門ブランドMANUALgraphの代表として、

MANUALgraphのかかげる「FUN!SOFA!」を自らが体現できる究極のソファを創り上げたい!と。

 

実は以前から雑誌やネットを通じてひそかに想いを寄せていた1人の建築家がいた。

 

まだ完成していない何代目かの試作機に座る僕と小嶋さん。

 

こぢこぢ建築設計事務所 小嶋良一

その人。

 

小嶋さんは僕より3つ上の先輩、もちろん面識などなく1通のメールを送る。

 

「FUN!SOFA!」を体現できる家「FUN!HOUSE!」を一緒につくってください!と。

 

このメールから始まった我が家「FUN!HOUSE!」とその為の究極のソファ「FUN!HOUSE!SOFA」づくり。

狙い通り小嶋さんとは同世代と言うこともあって、最初からフィーリングもあい、特に他の建築士さんに

引き合いを取ることもなく、楽しい楽しい「FUN!」な小嶋さんとの家づくりとソファ作りが始まった。

 

この時点でソファが完成するまでにこんなに時間を要すとは思ってもいなかったが…。

 

「究極のソファ」とは言うものの、これまでつくってきたソファだってその都度「究極」のつもりでつくってきた。

 

今まで以上に何を突き詰めればいいんだろう?とぼんやり思いながらも、

まずは小嶋さんとの楽しい家づくりに没頭すること早1年が過ぎ、

古い家の解体も終わり、2015年秋、我が家「FUN!HOUSE!」が遂に着工する。

 

家づくりも順調に進む中、いよいよソファの開発に取り掛かろうと小嶋さんと模索を始める。

まずはお互いのイメージを交換し、「究極」を追い求める作業が始まる。

 

最初のデザインが小嶋さんから上がってきてから、

試作を重ねていくうち、デザインと監修は小嶋さん、それを形に実現するのがMANUALgraphの職人たち、そしてその間に挟まれて

右往左往する僕(笑)という役割分担が徐々に明確になり計約2年間「究極」を追い求めて行った。

 

そこから完成までの長い長い道のりの行程はこちらのブログに「FUN!HOUSE!SOFAの進捗状況」として

4回に分けて書いたので是非こちらもお読みいただきたいが、

結局何が究極だったのか…。

 

 

あまりの座り心地の良さに思わず眠ってしまった3代目の試作機に座る僕と小嶋さん。 ※注)やらせなし!(笑)。

 

それは、ディティールと素材への細かい部分までとことんこだわる小嶋さんのこだわりと、

それにとことん向き合ったMANUALgraphの職人、そして間に挟まれた僕(笑)たちの

かけた時間と努力こそが「究極」ではなかったかと、今思う。

 

もちろん座り心地に関しては、これまでもとことんまで追求してきたつもりのMANUALgraphではあったけど、

細かいデザインのディティールや素材までの追及は、やはり今回の「FUN!HOUSE!SOFA」の開発を通じて僕たちは小嶋さんに教えられた。

 

「妥協しちゃだめだ。」って。

 

 

我が家「FUN!HOUSE!」の完成から2年。

やっと我が家のリビングに設置した「FUN!HOUSE!SOFA」。

 

この写真は商品撮影のために撮ったので若干の「やらされてる感」はあるものの、

(撮影時、小学4年生の長女は習い事のため不在。)

実際、いつもソファに家族が集まり、僕はすぐにうたたね、子供たちはゲームをしたり宿題をしたり、

ママだけはいつもあわただしくソファに座るのは夜遅く、そんなソファ中心の「FUN!」な暮らしが

日々繰り広げられています。

 

これが僕たちMANUALgraphが、そして小嶋さんがお届けしたかった「FUN!」な暮らし。

1家でも多くの家族の皆様にこれからお届けしたいなと思いつつ、この投稿が終わったら

早く我が家に帰って、「FUN!HOUSE!SOFA」に座ってうたたねしたいと思う今日この頃です。



MANUALgraph代表 鈴木大悟

 

 

 

 

STORY OF THE “FUN!” – NAKED LEATHER SOFA

STORY

 

ついに出会った1枚の牛革”NAKED"

 

MANUALgraphを立ち上げるにあたって、本革のソファは絶対にラインナップに入れたいと思っていた。

他のブランドやインテリアショップを覗いてみると、ヌメ革のハードな分厚い革を使ったソファが当時よく売られていた。

無骨で荒々しく、確かにかっこいい。



でもMANUALgraphで同じものを作っても意味がないので、

僕たちらしい、オリジナリティのある「FUN!」な本革のソファを作ろう!と言うことで、まずは理想の革探しから始まった。

 

あちこちからサンプルを取り寄せてみるものの、どれもどこかで見たことのあるような革ばかり。

やっぱり足を使わないとそう簡単には出会わない。

 

タイミングを見計らって、都内で開催されるインテリアの展示会へ。

そこで出会ったのが名古屋の革問屋、川善商店さん。

探し求めている革のイメージ(イメージと言ってもこの時点ですごくぼんやりしていたが…。)

を伝えると、名古屋の本社にはたくさんのサンプルがあるとのこと。

と言うわけで、後日改めて名古屋まで行くことに。

 

伺ってみると、ワクワクしてしまうほどの大量の革が。

 

大量の革に囲まれてワクワクしてしまう、川善商店さんの在庫。

 

そして1枚の革が目についた。

 

「なんだか荒いんだけど、すごく優しい…。」

第一印象で即採用を決めた革、「NAKED」はその名の通り、裸の革。

 

通常、特にソファやイスなどインテリアで使用される革は、牛が生きていた時についたキズやシミを隠す為

表面に大量の顔料を吹き付ける。

僕たちが普段目にするいわゆる「牛革」の表面はその顔料のテクスチャー。

 

でもこの「NAKED」は、顔料を吹かず、染色しかしていないため、キズやシミがそのまま残った

革本来の表情が残っている。

 

そして何より、そんな荒々しい顔をしながら、余計な加工をしていないのでとてもやわらかい。

 

まさに第一印象で一目ぼれした瞬間。

 

このNAKEDを、FACTORYに持って帰りさっそく試作を開始。

この「なんだか荒いんだけど、すごく優しい…。」をそのまま表現しようと、デザインし

座り心地を設定していく。

 

何度か試作を繰り返して出来上がったこの「NAKED LEATHER SOFA」。

 

座面にもフェザーを採用し、ゆったりと沈み込みながら、背面のフェザークッションに

徐々に包み込まれていくその座り心地は、

 

一見荒くれ者のアイツにやさしく抱きかかえられる、そんな女子の気持ちになりそうな(笑)、

そんな気分。

 

 

肘に鋲打ちをほどこしたハードなデザインと、やさしく包み込まれる至極の座り心地は

この「NAKED」という革の特徴を最大限に活かせたと思っています。

 

しかし、その反面この「NAKED」と言う革は、余計な加工をしていない分とてもデリケート。

シミや水分のあとなどが付きやすく、色も変色しやすい。

 

経年変化と言うと、作り手の都合であまり使いたくないキーワードではあるんだけど、

経年変化と言うよりは、生活の中で使い込んだ「味」が家族の歴史を刻む、そんな感覚で

長年使っていただいたらありがたいなぁと思います。

 

MANUALgraph 代表 鈴木大悟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY OF THE “FUN!” – LOMOND TARTAN

STORY

1枚のチェック柄の生地との出会い。

LOMNDTARTAN SOFA

ある日ふらっと寄った、いつもお取引させていただいている輸入生地問屋さん。

そこで目についた1枚のチェック柄の生地サンプル。

 

僕もチェック柄は大好きだけど、最近ちまたでもチェック柄のソファも増えてきたし、

MANUALgraphでチェックのソファはちょっとなしかなー、なんて思っていたところに出会ったこのチェック柄。

 

なんだか「チェックってもともとこういうもんだぜっ」と言わんばかりの「本物感」を醸し出していて、

産地を見ると英国。その名も「LOMONDTARTAN」。

 

イメージはバグパイプを演奏するアイルランドの人がはいてるスカートのチェック。

もしくはDropkick Murphys(わかる人だけ…。)

そんなイメージ・・・。

これならMANUALgraphでも使える!と思い、さっそく生地サンプルをFACTORYに持って帰って

ソファのイメージを膨らませることに。

 

そのソファを開発するにあたって、自らかせたテーマは

「シンプルで低価格。」

 

これまでMANUALgraphのソファのほとんどが、ダブルクッションの大型で、ゆったり座る為に

奥行きを大きくとっているのがほとんどどだったのだけれど、ここらで小ぶりで10万円を切るソファを作りたっかた。

 

テーマが決まったら、そのデザインはこの「本物!」のチェック柄に引っ張られるように、すんなり決まった。

 

100%ウールのこのチェック柄の他に、それにマッチするレザーと、タモの無垢材、

それからこのソファ用に鉄鋼屋さんに特注で作ってもらったスチールの脚を組み合わせて完成。

 

普段の開発では考えられないくらいすんなりできてしまったこのソファ。

 

もちろん中身の構造は、試行錯誤をした箇所もあったけど、デザイン的にも奇をてらうことなく

シンプルに、まさにこの「LOMONDTARTAN」という生地に導かれるかのようにできたソファは、

結果的にMANUALgraph一のヒット商品となり、全国のたくさんの皆さまに英国の気品をおすそ分けした、

なんていうとちょっと大げさかもしれませんが…。

 

MANUALgraph代表 鈴木大悟

12

CATEGORIES

BACK NUMBERS