STORY OF THE “FUN!” – NAKED LEATHER SOFA

STORY

 

ついに出会った1枚の牛革”NAKED"

 

本革キャメル色 NAKED SOFA

MANUALgraphを立ち上げるにあたって、本革のソファは絶対にラインナップに入れたいと思っていた。

他のブランドやインテリアショップを覗いてみると、ヌメ革のハードな分厚い革を使ったソファが当時よく売られていた。

無骨で荒々しく、確かにかっこいい。



でもMANUALgraphで同じものを作っても意味がないので、

僕たちらしい、オリジナリティのある「FUN!」な本革のソファを作ろう!と言うことで、まずは理想の革探しから始まった。

 

あちこちからサンプルを取り寄せてみるものの、どれもどこかで見たことのあるような革ばかり。

やっぱり足を使わないとそう簡単には出会わない。

 

タイミングを見計らって、都内で開催されるインテリアの展示会へ。

そこで出会ったのが名古屋の革問屋、川善商店さん。

探し求めている革のイメージ(イメージと言ってもこの時点ですごくぼんやりしていたが…。)

を伝えると、名古屋の本社にはたくさんのサンプルがあるとのこと。

と言うわけで、後日改めて名古屋まで行くことに。

 

伺ってみると、ワクワクしてしまうほどの大量の革が。

 

本革

大量の革に囲まれてワクワクしてしまう、川善商店さんの在庫。

 

そして1枚の革が目についた。

 

「なんだか荒いんだけど、すごく優しい…。」

第一印象で即採用を決めた革、「NAKED」はその名の通り、裸の革。

 

通常、特にソファやイスなどインテリアで使用される革は、牛が生きていた時についたキズやシミを隠す為

表面に大量の顔料を吹き付ける。

僕たちが普段目にするいわゆる「牛革」の表面はその顔料のテクスチャー。

 

でもこの「NAKED」は、顔料を吹かず、染色しかしていないため、キズやシミがそのまま残った

革本来の表情が残っている。

 

そして何より、そんな荒々しい顔をしながら、余計な加工をしていないのでとてもやわらかい。

 

NAKED

まさに第一印象で一目ぼれした瞬間。

 

このNAKEDを、FACTORYに持って帰りさっそく試作を開始。

この「なんだか荒いんだけど、すごく優しい…。」をそのまま表現しようと、デザインし

座り心地を設定していく。

 

何度か試作を繰り返して出来上がったこの「NAKED LEATHER SOFA」。

 

座面にもフェザーを採用し、ゆったりと沈み込みながら、背面のフェザークッションに

徐々に包み込まれていくその座り心地は、

 

一見荒くれ者のアイツにやさしく抱きかかえられる、そんな女子の気持ちになりそうな(笑)、

そんな気分。

 

 

肘に鋲打ちをほどこしたハードなデザインと、やさしく包み込まれる至極の座り心地は

この「NAKED」という革の特徴を最大限に活かせたと思っています。

 

しかし、その反面この「NAKED」と言う革は、余計な加工をしていない分とてもデリケート。

シミや水分のあとなどが付きやすく、色も変色しやすい。

 

経年変化と言うと、作り手の都合であまり使いたくないキーワードではあるんだけど、

経年変化と言うよりは、生活の中で使い込んだ「味」が家族の歴史を刻む、そんな感覚で

長年使っていただいたらありがたいなぁと思います。

 

MANUALgraph 代表 鈴木大悟

 

NAKED LEATHER SOFA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ShareFacebookTwitter

> Back